佐々木歯科医院の小児矯正 - 予防矯正 -

 

 

小児矯正 (子供の矯正) による歯の予防

01.jpg最近歯並びの悪い子供が増えています。種々の生活環境ー口呼吸、姿勢、食生活、噛む回数などが影響していると思われます。

子供のうちに矯正治療を始めておけば将来でこぼこの歯並び(叢生)になることを防いだり、永久歯になってから矯正治療を行う必要がなくなったり、例え永久歯で矯正治療をすることになったとしても歯を抜く必要が少なくなります。

 

また、歯並びの管理と同時に虫歯や歯肉炎の予防もできます。 低年齢の時は骨が柔らかく、成長発育の途上なのでそれを利用して治していくことが成人の場合よりも容易になるわけです。

不正咬合の原因である顎の未発育や、アンバランスな発育を修正し、将来出てくる永久歯のための隙間を作ったり、噛み合わせの問題を治すことを目的とします。子供達が本来持っている力を引き出して正常な噛み合わせになるようにしてあげたい、そんな願いで日々取り組んでいます。

特に以下のようなときは、小児のうちに矯正を始めておくことをお勧めいたします。


02.jpg下あごが左右どちらかにずれている場合
反対咬合(受け口)
○開咬(口を閉じたときに上下の前歯に隙間ができる)
極度の出っ歯

 

お子さんにこんな癖はありませんか?

03.jpg●指しゃぶり
●爪・くちびるをかむ
●舌を突き出す
●舌を吸う
●口呼吸
●ほおづえ
●おしゃぶり
●姿勢が悪い

 

乳歯の時期あるいは乳歯と永久歯の交換途中の混合歯列期ののちょっとした癖、習慣などが永久歯の歯並びにまで影響してしまうのです。

本来舌の先端は上の顎に触れていて、舌の根本が軟口蓋と言って後ろの方の柔らかい部分に接しているのが正しい位置です。口呼吸の方は舌の先端が下顎の歯の裏側辺りにあります。そして前歯を内側から押してきます。この力が不正咬合を生みだす一つの原因となります。

口呼吸を止めて鼻呼吸に変えていきましょう!

 

 

症例紹介

下あごが右に偏位している症例

04.jpg05.jpg
△治療前

 

普通に咬んだとき左の写真のように上下の歯が合っていません。

下の顎が全体に右にシフトしています。
無理矢理上下の真ん中を合わせると右のようになり上下で隙間ができています。

 

arrow02.jpg
 
06.jpg
△治療後
3年後の写真です。上の顎に拡大装置を半年ほど使用しました。 こうなれば今後必ずしも矯正治療をする必要がなくなります。
 

 

 

 

 

反対咬合

07.jpg
△治療前
反対で咬んでいるために上の歯が全然見えません。

 

arrow02.jpg
 
08.jpg
△治療経過
ムーアプライアンスという装置を入れました。

 

arrow02.jpg
 
09.jpg
△治療後
1年かかりましたがようやくここまで来ました。 まだまだ様子見が必要です。

 

 

 

上顎前突

10.jpg
△治療前
上の歯が出ていました。下の歯が後退もしていました。

 

arrow02.jpg
 
11.jpg12.jpg
△ダイナミックアプライアンス
 

これはダイナミックアプライアンスと言って下の歯を常に前方位を保つ装置です。
そのため上の顎を多少広げる必要が出てきます。
下の歯の多少のでこぼこを治すために下も拡大しました。 
上の前歯は引っ込めています。

arrow02.jpg
 
13.jpg
△治療後
現在の様子です。
 

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
025-275-5103

banner01.jpg